怒られるのが怖い人(仕事)への回避方法7選【成功率80%】これで明日から怖くない!

ここからはもう怒られすぎて小手先のテクニックではどうにもならない人向けです。

僕は冒頭で怒られすぎてうつ状態になったということを書きましたが、僕がとった行動は部署異動転職活動です。

今からこの2つに関して書いていきたいと思います。

より踏み込んだ内容ですので、1ページ目に書いた効果が出るには少し時間がかかるものではなく、即効性があります。

僕がうつ状態になりながらも頑張っていたのはちょうど24歳頃でしたね。

22歳で大学を卒業して社会人になって2年経とうとしていた頃です。

入社して半年は色々な部署を回って研修する期間なのですが、半年経って僕は営業部に配属されそこで1年ちょっと経った頃でした。

怒られるのが嫌すぎて部署異動を人事部に申し込んだ

当時の僕はもはや「怒られるのが嫌」から「怒られるのが恐怖」に変わっていましたね。

毎日怒られる中で自分がなぜ怒られいてるのかもわからなくなっていました。

条件反射的に何をしても怒られると思い込むようになり、夜も眠れない事が起きるようになりました。

ストレスで休んでいても疲れが取れないし、全然心が休まらない。

日曜日の夜になると「サザエさん症候群」どころではないです。

「明日からまた怒られる日々か。。。」と恐怖が襲ってきました。

※関連記事
恐怖!鬱になって僕に起きた現象7つ!

もう耐えられない、そんな時に人事部に行き部署異動の相談をしましたがその時の人事部の対応が衝撃的です。

人事部にまずはメールで「話したい事があります」と伝えました。

日時の連絡をして、その時はちょうど平日の夕方くらいに決まった気がします。

人事部に行くと小さな会議室に通され僕は「怒られる日々が辛くて、部署を変えて欲しいです」と打ち明けました。

こんな事ダイレクトに打ち明けるとか相当切羽詰まっていたんでしょうね。笑

しかし、人事部から驚愕の話が。。。

「社会人なんだから怒られる事くらいあるよ。」

「君は営業でしょ?怒られても頑張らないと。辛い思いしているのはみんな同じだよ」

「そんなすぐに異動とかできないからとりあえず1年くらいは待ってもらえるかな?」

「え、1年?終わった。。。」

唖然としたと同時に絶望した事を鮮明に覚えています。

1年なんか今の自分には絶対に無理だわってすぐに思いましたね。

転職について考える事にした

働く事に気力がなくなる、当時の僕みたいになっている場合は1ページ目で述べた方法は効果を発揮しません。

というか1ページ目の方法はある程度元気があるからできる事です。

「もうそんな元気ないよ」って人は1ページ目のことなんかやる必要ないです。

シンプルに速攻で転職活動をしたほうがいいですね。

あなたは「まだ頑張れるからもうちょっと頑張ってみる」とか思ってますか?

そんなこと言ってても状況は全く改善されませんよ。

僕の経験上「怒られるのが怖い」になっている人は何やってもほとんどうまくいかないです。

自分がそうだったので本当によくわかります。

むしろその職場にいればいるほど、うつ病に近い状態になっていきます。

うつ病になると本格的に会社を休まないといけないし、そうすると休職という道を選ばなければならないです。

一度休職をして、職歴にブランクがあくとめっちゃ再就職しにくくなります

だから何としても1日でも早く就職活動をして欲しいです。

僕がよく使っていた転職サイトはリクルートのこれです。

【あなたの強みを診断】転職で役立つ5つのポイント(リクナビNEXT)

無料ですが、会員登録がはじめにあってちょっと面倒ですが、あとあと転職活動できない状態になるよりは絶対マシです。

今この記事を読んでいる偶然を絶対に見逃さないでください。

ここで救われる可能性があるなら絶対にあなたは運がいい!

もしかしたら、この記事を読んで僕のように転職活動をしてめっちゃいい会社に入れるかもしれない。

そんな可能性をここで迷って閉じるのだけはしないでください。

このリクルートが運営するリクナビNEXTというサイトは会員登録をするとあなたの強み診断というテストを受ける事が可能です。

このテストが結構素晴らしくて、今まで見落としていたあなたの「癖」「強み」を知る事ができます。

今の会社で上手くいっていないという事は少なからず自分自身も会社選びを間違ったって事も考えられます。

つまり自分がどんな会社に向いているかという分析を怠ったと言えます。

社員を大切にしないあなたの会社が悪いという大前提はありつつも自分の責任に関しても考えるべきだと思います。

このリクナビNEXTの強み診断では8568通りの傾向を示してくれます。

この診断では「意外」な結果が出てくる事が多く、目から鱗が落ちる体験を何度かしました。

意外な結果こそ、この診断の醍醐味です。

もう自分自身でわかっている性格とか正直どうでもいいのです。

意外な結果を示してくれるところに気づきがあります。

この「意外な気づき」を大切にする事で次の職場選びがスムーズになるし、いい会社にめぐり合う可能性もグッと高くなります

この診断は2〜30分ほどはかかりますが、その時間をかけるに見合った詳細な診断をしてくれます。

今は転職市場が大盛況で超絶売り手市場です。

転職するならめちゃくちゃに有利になっています。

転職サイトに登録すると毎日オススメの求人がくるので、横目でそれを流し見るだけでもいいです。

それだけでも転職時に「そういえばあんな会社あったな」

「あの会社みたことあるぞ」など転職のスピードアップにつながります。

ここまで読んでくれたなら絶対にこの機会を無駄にしないでくださいね。

転職するならここ⇨リクナビNEXT

転職をして違う会社に入った現在の僕

転職して僕は違う会社に入りました。

会社が変われば環境は全部変わります。

鬱になりかけても頑張っている時は「転職せずにこの会社で頑張らなければ」と勝手に思い込んでいました。

「同じ会社にまずは3年」と親からも言われていましたし「そんな簡単に仕事を辞めちゃだめだ!」って何故か勝手に思っていました。

あと、「環境変えたって自分が変わらなければまた同じ目に合うよ!」って友達の言葉にもかなり惑わされましたね。

 

でもね。

 

実際そんな事ないのでそんな言葉は信じないでください。

あれ、全部嘘ですよ。

僕が証明しました。

会社が変われば人も違うし社風も違います。

全然いる人が違います。

以前だと「お前、数字も取れてないのに会社いる意味ないよ!」って怒鳴られていましたが、

今ではそんな事言う人が1人もいません。

気性の荒い人が全然いない。

いい会社ってこういうものなのか。。。って心底幸せを噛み締めています。

僕は地獄にいたのか?って錯覚を起こしてしまうほどです。

だからこれ読んでいる「あなた」きっと大丈夫なのでまずは初めの1歩を踏み出してみてください!

【あなたの強みを診断】転職で役立つ5つのポイント(リクナビNEXT)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「我慢」って時には必要かもですが、

怒られるのを毎日我慢してまで仕事をする必要なんてないと思います。

今この記事を読んでくれているのも何かの縁や運命だと思うので、転職について考えてみてくださいね。

読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す